飲食店のコンサルタントに黒字経営のノウハウを学ぼう

一人でも設立可能

ウーマン

設立しやすさは日本以上

海外で会社を設立することは基本的に簡単ではないことが多くなっています。日本で会社設立することも簡単ではないのですが、海外では、その国の法制度などを加味しなければなりません。さらに外国資本ともなれば、規制はさらに厳しくなっています。そのため、コンサルティングなど日本の現地法人のサポートを受けて会社設立することが一般的になっています。東南アジアなどこれから発展しつつある国は、法制度の改変なども頻繁に行われることが多いため、設立後の対応も大変になります。しかし香港は、日本以上に会社設立を行うのが簡単になっています。新規で設立する場合でも、一ヶ月もあれば、手続きは完了して法人格を得ることができるようになります。世界経済の中心地でもあり、多くの金融機関が香港に拠点を持っています。法人格を有するために必要な金融機関の手続きも現地で簡単に行う事ができるなどメリットがあります。香港では、日本人一人で会社設立をすることができます。これには、オフィスや実際のスタッフの雇用などは必要ありません。名称だけで設立することができます。そのため、日本で法人を構えつつ、税金対策で香港に拠点を置くことも可能なのです。しかし日本と異なり会社秘書役などの設置が義務付けられています。会社外の人でも構わないのですが、香港の会社法律により選任が義務付けられています。様々な法的な書類を作成したり、登記したり、保管することが役目になっています。